デザイナーとして独立する

実績と信頼が大切!?独立のためのノウハウ



CGフリーランスはポートフォリオで押す

どんな仕事でも、フリーランスとして仕事をするのは大変なもの。
自由というメリットばかりが目につきますが、実際には本人の努力なしでは仕事を得ることも出来なくなってしまいます。フリーランスになってから、「仕事が取れずに、困っている」という方、「どうすれば、仕事を取ることが出来るのだろう?」と思っている方もいるのではないでしょうか。

CGの仕事をしていた方の中には、「今まで、多くの仕事をしてきたから、フリーランスになっても仕事は取れるだろう」と自信を持っていた方も多いと思います。
しかし、実際にフリーランスになると、会社というバックがなくなることで、「仕事が全く入らない」と感じている方もいるでしょう。それだけ、仕事をする際には肩書きというのは大きいということ。

フリーランスに仕事を依頼するというのは、やはり信頼性が作れなければ難しいですからね。
そんな時には、今までの作品などをまとめたポートフォリオを作り、押していくことが大切。ポートフォリオをみれば、簡単に「この人は、こんな仕事に携わってきたのかぁ」「こんな仕事も出来るのか」とすぐに作品を判断してもらえます。

実績というのは、CGフリーランスにとってはとても重要なポイントとなりますから、丁寧にポートフォリオを作成しておくと良いですよ。
「なかなか、仕事が見つからない」と思っているCGフリーランスの方は、まずは自分のポートフォリオを作成してみましょう。

ポートフォリオを作成する際には、3DのCG作品だけではなく、映像作品やデッサンなども一緒に添えておくことが大切。せっかく添えるポートフォリオは、丁寧に作らなければ逆効果となってしまいますから、力を入れて作成しましょう。その他、CGデザイナーとしてフリーで多いに活躍するために参考となる情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です